2020年05月08日

『新編 ことばの作法』心を伝える“ひと言”の知恵 外山滋比古

こんばんは。

対面やzoom、電話などで、相談・カウンセリングを承っています。

詳しくは カテゴリの はじめまして をご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------------

『新編 ことばの作法』心を伝える“ひと言”の知恵 を読みました。

文章を書くことは、

料理人が料理をすることと似ている…

って???


料理人は食べる人のことを考えて作る

書く人も、読み手を思い

親切な文章を書く。

似ていますよね。


電話より、

メールやLINEで物事を伝えることが多くなりました。


特に目上の方などに対して、

「〇〇、受け取りました」と書くと、ちょっぴり上から目線。

「〇〇、ありがたくいただきました」って書くと、

とても柔らかで、敬っている感じを受けませんか?


ことばの選び方って、いくつになっても難しいな。





posted by yyymmm at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

『鋼(はがね)の女 最後の瞽女(ごぜ) 小林ハル』


こんばんは。

対面やzoom、電話などで、相談・カウンセリングを承っています。

詳しくは カテゴリはじめまして をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、『鋼の女 最後の瞽女 小林ハル』を読みました。

瞽女(ごぜ)って???


昭和な飲み屋街で、ギターを片手に流し、、、

なんていうのは、若い世代にはあまりピンとこないでしょうか。


瞽女とは、

三味線を手に、村々を流し歩く目の不自由な女性たちのことです。

目の見えない女性たち、食べていく術が

三味線と唄だったわけですね。


昭和になり、数はだんだんと減って、

小林ハルさんが最後の瞽女さんとなりました。


そのハルさんの生き様が、

時に生々しく、ずしりと静かに描かれています。


とにかくハルさんは賢くて、本当に強いんです。

苦労を敢えて背負い込む、

わざわざイバラの道を選んで、真っ向勝負。

逃げずに進む、まっすぐな生き方です。

でもそれが、ハルさんらしい。

いい人と歩けば祭り、悪い人と一緒は修行

この言葉が深く染み渡ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

果たして私は、良き人と歩めているだろうかーーー。

ゆっくり自分を、見つめてみたいと思います。


posted by yyymmm at 21:13| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。