2012年06月13日

臨床哲学の本・「待つ」ということ(鷲田清一)

=====

鷲田先生は大阪大学の総長を経て、大谷大学教授をしていらっしゃる臨床哲学者です。

とても好きで、何冊か読ませていただきましたが、

この本も良かった!

待たずにまつこと。

待つ自分を鎮め、待つことじたいを抑えること。

意識することなく待つこと。

カウンセリングや傾聴も「待つ」こと。

言葉を迎えにいくのではなく言葉が不意にしたたり落ちるのを待つのである。

―――とあります。

確かに言葉を迎えいにいきがちになってしまいますが、

待つことを心にとめなくてはいけません…。

この本の中で九鬼周造さんの本についてもふれてありました。

とてもいいです!内容ざくっとご紹介します。自分へのメモとしても。

=========

◆九鬼周造「いき」の構造

色に染みつつ色に泥(なず)まないのが『いき』

その色として、九鬼は灰色と褐色と青色をあげている。

その色たちに共通するのは「飽和度の減少」で、淡さ、黒み、沈静である。

がしかし、それとともにどこかに艶やかな色調を隠し持っていなければ「いき」ではない。

「茶色」は、赤から橙を経て黄に至る派手やかな色調が、黒みを帯びて飽和の度を減じたもの。

ここには「色っぽい肯定」のうちに「黒ずんだ否定」を匿(かく)している。

そこにはじめて、「諦めを知る媚態」が「垢抜けした色気」が生まれる。

=====

色の変わりようも、「待つ」を根底に含んだものに他ならないのでしょうね。


posted by yyymmm at 09:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

新書『ゆっくり』でいいんだよ@辻信一

======
とっても素敵な一冊です。

スローライフの根本みたいなことが分かると思います。

小中学生に向けたものみたいですが、大人こそ読むべき…。

◆「ゆっくり」でいいんだよ(辻信一)◆

便利になったからといって、例えば料理の時間を短縮できたとして、

その時間を私は何に充てるでしょうか。。。

きっとインターネットで遊んでみたりするんだろうなあ~

ゆっくりと何かを考える時間、何も考えずにいる時間

……そんな過ごし方を選択するでしょうか。

=======

ひとつまたひとつと引き算をしていって、モノをlessに(=より少なく)してみよう。

すると、部屋の中のスペースはmoreに(=もっと多く)なって、部屋は広くなる。

またモノを使ったり、その手入れをしたりする時間がいらなくなって(less)、

もっと多くの時間(more)が手に入れられる。

これがless=moreだ。

======

それからそれから、野菜などの食材の話。

人間は知恵をしぼって、野菜なんかを早く育てて、

それを早く出荷して―――ってやっているけど、

キュウリにはキュウリの、トマトにはトマトの

それぞれ成長する時間があるのです。

そんな野菜たちの時間を早送りして食するのって、どうなんだろう?

これは人間の成長にも言えることなのかもしれないなあ。


posted by yyymmm at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

ストロベリーナイト・誉田哲也『感染遊戯』

======
「ストロベリー・ナイト」の姫川ファンです。

ドラマの竹内結子も個人的に大好きです。

ガンテツ…鼻持ちならないキャラですが、背景が気になります。

ということで、誉田哲也著『感染遊戯』を読んだのでした。

ドラマで使われていた話も含め、4編から成っています。

ガンテツが気になっているならば、読んで正解。

誉田さんの警察小説は軽い会話がクスッという感じで

読みやすいですね〜♪

『武士道シックスティーン』シリーズもかなりの読みやすさでしたが

こっちのシリーズのほうが良いです。

すぐに読めちゃいますから、おススメ〜!


posted by yyymmm at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。