2016年04月10日

「子供を殺してください」という親たち・新潮文庫

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫) -
「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫) -
=========

なんとも衝撃的なタイトルです。

著者は、精神疾患者の移送サービス業を生業としていらっしゃる 押川剛さん。

精神疾患を抱える子どもを持つ親のジレンマ、共依存、無関心……

さまざまな親子関係が見て取れました。

子どもに対し、「受診しよう」と納得させることができない親。

また、自傷他害等の行為によって

誰もどうすることもできないような状況。

そうなると移送サービスに頼らざるを得ないのですね。

ネタバレになってしまいます。この辺で。
posted by yyymmm at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

境界性パーソナリティ障害@岡田尊司

=====

境界性パーソナリティ障害について

とっても分かりやすいです。

どのような考え方で理解すればいいのか合点がいきます。

著名人が登場する具体例もいいで〜す。

おすすめ!


posted by yyymmm at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

私にもやさしい哲学書『大事なものは見えにくい』鷲田清一

======

鷲田先生の哲学書は、

時として読み込まねば分からない(それでも分からない)部分もありますが、

哲学を勉強したことのない私にも

すんなり心に入ってきます。


「哲学とは

おのれ自身の端緒が たえず更新されていく経験である」

―――――― メルロ・ポンティ

うーん、そうですよね。

哲学に限らず、本を読むことでこのような経験ができるのではないかと…。

本書の中で、心に残ったものを記します。

たこ八郎さんのお墓には、このような言葉が刻まれているそうです。

「めいわくかけて ありがとう」

鷲田先生は問います。

どうして、「ごめん」でなはく「ありがとう」なのかと。

そして提起します。

ここで「ありがとう」が意味するものが、『ケア論のコア』につながるのではないかと。

――― 深いですね。

このほか、他者理解についても面白かったです。

たくさんのことが書いてあるので、

自分の心に響いた個所をピックアップして、何度か読むと

「ああ、そうそう」と合点がいくのです。



posted by yyymmm at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。