2014年09月14日

自分で癒す〜バタフライ・ハグ

=======

バタフライ・ハグはEMDR派生した心理療法。

*EMDRは眼球運動による脱感作および再処理法。
    治療者が患者の目前で指を左右に振りながら行う心理療法。

バタフライハグ……その手法の開発は、

Lucina Artigans, M.A.,M.T.とIgnacio Jarero,Ed.D.,Ph.D.,M.T.らにより行われ、

1998年のメキシコ大地震において、実践されてのが最初だという。

バタフライ・ハグは、

•トラウマ(Trauma)

•不安症(Anxiety)

•悲痛感(Grief)

•憂鬱感(Depression)

等の解消に効果的だと言われており、

やり方は簡単。

自分で自分を優しくハグして、トントンする。


1.肩の力を抜いて、両手を胸の前で交差させ、
 右手で自分の左肩あたり、
 左手で自分の右肩あたりを優しく抱きしめる。
 (肩より少し下、二の腕のあたりでもOK)


2.目を閉じて、深呼吸を数回、
 片手ずつ、交互にトーントーンと、
 手を置いた所を、手のひらで軽くたたく。


3.ゆっくりと
 赤ちゃんを寝かせつける時の、トーントーンのように。


4.2〜3分したら、目を開けてひと休み。

====
バタフライ・ハグの効果の根拠は正確に解明はされていない。

しかし、体の左右の部分を交互に刺激することにより、

その刺激が最終的には、脳に伝わり、

トラウマ等の記憶の再構築に至ると考えられる。
posted by yyymmm at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神保健福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405425441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。