2014年09月13日

疾患および障害に配慮した個別支援2

===========

疾患および障害に配慮した個別支援1の続き

さてアセスメント後に個別支援計画を作成する。

多方面からの検討を促す意味で、作成には複数が係わることが望ましい。

もちろん専門家の意見も重要。

このように支援計画は、複数の意見を総合し判断して作成する。

また支援計画はクライエントや家族の希望を実現するには、

どのような支援が必要かを中心に検討していく。

例えばできないことあったとしても、できないと排除するのでなく、

どうすればそれが実現可能かを入念に考え、

専門家や関係機関等と連携しながら作成していく。

時にクライエントは支援不必要と判断していても、

家族は支援が必要と判断するなど、双方の意見が一致しない場合もある。

この時は、どちらかに偏った立場をとるのではなく、

双方の折り合う点を導き出すようサポートをしなくてはならない。

決して支援者個人の考えを押し付けないよう注意が必要だろう。

個別計画は年度単位で作成し、支援目標を掲げるが、

少ない目標でも着実に達成することができる目標が望ましい。
達成したことは、クライエントにとって自信となり、

その積み重ねがクライエントにとって、

ゆたかな生活の実現に寄与するからである。

さて計画策定後は、クライエントとその家族に内容を説明し同意を得ることとなる。

ここで再度の計画見直しとなる場合も。

その後は計画に則って支援ができているかを継続的にモニタリングしつつ、

例えば実際支援してみて、時間がタイトであればその部分の計画を変更していく。

同時に、クライエントへのアセスメントも引き続き行い、

さらなるニーズが発現した場合は、その対応も計画に盛り込んでいく。

もちろん医師等との連携も忘れてはならない。

フォーマルな社会資源やインフォーマルな社会資源にもアセスメントを行い、

クライエントのニーズを多面的から把握したり、

再アセスメントにより得た情報を、

身体機能的状態・精神心理的状態・社会環境的状態など

系統だてて分類し、相互の関係性について考え、

ニーズを導き出すことも必要。

加えて、定期的に再アセスメントしていくことで、

新たな情報収集を行い、

クライエントとともに支援計画を見直しながら、

その環境の変化に対応していくことが求められる。
posted by yyymmm at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神保健福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。