2014年06月03日

社会生活技能訓練(SST:Social Skills Training)@

========
SSTについて2回に分けて。

日本の精神科入院患者数ここ数年、30万人以上で推移。

諸外国と比べて格段に多いため、

世界一精神科病床の多い国と言われている。

そこで入院患者の退院促進と社会への復帰が重要。

そのためには再発・再入院を繰り返すいわゆる「回転ドア」現象の患者への

適切な対応が求められる。

精神疾患のために円滑な人間関係が築けない人が、

地域で自立した生活を営めるようになるための支援が必要となる。

精神科リハビリテーションは、

疾患や障害そのものからの回復という面を持つ一方で、

障害から発生する生きにくさや、

さまざまな制限等を軽減するという面も持つ。

これにより当事者は豊かで明るい生活を築いていける。

ここで精神保健福祉法の精神障害者とは、

「精神疾患を有する者」と定義されているが、

精神科リハビリテーションの対象はこの定義によるものではない。

精神障害者保健福祉手帳の所持者だけでもない。

心を病み、困難を抱えている人すべてが対象であり、

それだけに柔軟なアプローチ方法やプログラム設定が必要。

そこで注目されている支援方法がSST。

SSTとは社会生活技能訓練(Social Skills Training)を指す。

米国UCLAのリバーマンらにより発展してきたものであり、

その背景には、脱施設化によって地域生活せざるを得なくなった精神障害者の、

貧しい生活実態があった。

日本では1988年リバーマン来日を機に、本格的に普及した。

posted by yyymmm at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神保健福祉士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。