2011年10月12日

沼田まほかる作品を読む

========


久々に『作家読み』しました。

今話題の沼田かほかるさん。。。

猫鳴り ・ 九月が永遠に続けば ・ 彼女がその名を知らない鳥たち ・ ユリゴコロ……

文章で、ぐいぐい読ませる感じの作家さんだと思いました。

最近の作家さんって、読んでいて映像が浮かぶというか、

読んでいてビジュアル先行してしまいます(私は)。

しかしながら、沼田さんは文章でうならせる―――。

そして内容が昼ドラの如くドロドロ、ドロドロしています。

人間の心の中にある、粘着質のものです。

不快なキャラが出てくるのですが、

その不快さが、読み止まらない一因になっているような。


湊かなえさん(『告白』など)や、真梨幸子さん(『殺人鬼フジコの衝動』)は

ネガティブ・エンターティンメント

―――というジャンルだそうですが、

沼田さんもそのカテゴリかもしれません。

ちょっと、いや〜な気持ちになりながらも

読後は「面白かった〜♪」と言ってしまう。。。

私は『猫鳴り』が一番好き。『ユリゴコロ』にしても

ネーミングもよいですね。


posted by yyymmm at 08:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229617242

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。